2022年「極早生みかん」販売のお知らせです。

2019年極早生みかん販売のお知らせです。

2022-10-16


10月中旬に入って朝晩は肌寒さを感じる様になってきました。
それに従いみかんが徐々に深いオレンジ色に染まってきて、そろそろ収穫をしてもいいよと教えてくれています。

やっと北東農園のみかんシーズンの始まります。

2022年の出来栄え。

今年の「極早生みかん」は、着果量が昨年の約半分ほどの極端な不作の年となりました。
みかんは4月下旬から5月にかけて開花に時期を迎えるのですが、今年は極端に花の数が少なかったのですね。
原因はおそらく昨夏の高温と干ばつ、そして冬場の低温と乾燥により樹の栄養バランスが崩れたためと思いますが、すでにこの開花の時点で着果数が決まっているので打つ手はありません。

自然落果や病害によるキズで不良果を出さないように丁寧な管理を心がけてきましたが、着果数が少ないとどうしても大玉になりがちです。
記録的に短い梅雨や、その後の長く雨の降らない夏の水分ストレスでなんとか肥大が抑えられていたのですが、9月に入ると一転、雨季かと思うほど雨の日が続き、どんどん大きくなっていくみかんをただ手をこまねいて見ている状況となりました。

今年の出来栄えとしては、全体的に少し大きめの仕上がりとなりましたが、夏場の水分ストレスが強く掛かったおかげで、大きくても濃い味のみかんとなりました。

ということで、2022年北東農園「極早生みかん」の食味レベルは…

食味レベル:3

強い味の2Sサイズの割合が少ないですが、S~Mサイズが濃い味の仕上がりになっていますので、昨年と同等の「レベル3」としました。
中玉(Mサイズ)は小玉に比べると果汁が多い分、少し薄味に感じるかと思います。

十分美味しいと感じていただけるものを厳選してお届けしますが、小玉特有の濃い味をご要望の場合は、ご購入を控えていただくこともご検討下さいませ。

また、例年ご好評を頂いている「極小3Sサイズ」の収穫量が非常に少ないと思われます。販売を中止させて頂く場合もありますので予めご了承下さい。

食味レベルについて

北東農園では、みかんの美味しさを、甘み、酸味、旨味を総合的に5段階で評価しています。
販売基準のレベル3以上と判断したものだけを厳選し箱詰めしています。
その年の平均レベルを表示することで、ご購入の目安になればと思っています。

食味レベル美味しさ販売の目安
1美味しくない販売しない
2あと一歩販売しない
3美味しい販売
4とても美味しい販売
5とびきり美味しい販売
  • 糖度はあくまで栽培上での目安なので表示はしません。糖度、酸味、旨み等を総合的に判断して決めています。
  • レベル3以上は区別せず箱に入ります。
  • 同一品種を対象としているため、同じレベルでも「極早生みかん」と「早生みかん」では美味しさが違います。
  • あくまで当農園内の独自基準で、他産地や他の生産者との比較ではありません。

詳しい商品内容の確認や、ご注文はこちらから。

OnlineShopへ

これから12月まで品種を変えながらみかんの収穫が続きます。
渾身の力を込めて作ったみかんを今年もどうぞよろしくお願いいたします。


上部へスクロール