明日から始動です。

2020-01-03


どれだけ仕事が溜まっていても3が日はしっかりと休んで英気を養う北東です。お腹周りに英気がどんどん溜まってきています。

今年は挨拶廻りと初詣くらいしか予定のないのんびりとしたお正月を過ごしております。

おじさんのお正月の過ごし方なんて誰が興味あんねんとは思いますが、書いて暇をつぶすことしか思いつかなかったので私と同じくらい暇な方はお付き合いください。

熊野に住んでいると日頃から神社仏閣はとても身近に感じています。とはいえ詳しい訳でははないので、いつも初詣は近場の速玉さん(和歌山県新宮市)と、時間があれば本宮(和歌山県田辺市)に行くくらい。

去年はお伊勢さんにも行ったのだけれど、案の定ものすごい渋滞にハマってね、やっぱりお正月は避けたほうが無難という結論に達しましたね。

玉置神社

で、今年は時間だけはたっぷりあるので、話には聞いているけど行ったことのない奈良県十津川村の玉置神社に。

熊野三山奥の院として標高1000mの山頂付近にあり、「呼ばれた者だけが辿り着ける。」とか「日本一のパワースポット。」とか言われていて、少しおどろおどろしなイメージが先行しているところなのだけれど、とりあえず私はパワースポットという言葉が好きではないので平常心で向かいます。

十津川村の麓から結構細い道をつづら折れながら車で一気に数百m登って駐車場に到着。耳が痛い。
今日は晴天だから問題なく来れたけれど、雪が積もったりしてると標準タイヤは引き返すことになり、「呼ばれていなかった。」ということになるんだろうな。

寒い。冷気が漂っておる。

念の為に緊急食糧の菓子パンを持ってきていたのだけれど、駐車場横に売店と小さな食堂。正月だからかな。参拝客も結構います。

トレッキンコースみたいな狭い参道を登ったり降りたりしながら20分くらいで本殿に到着。
風の音と鳥の鳴き声と人の小さな話し声。
神聖。

巨木があちらこちらに。

社務所の横で「ぜんざいをどうぞ。」の張り紙を見つけて嫁途端に元気。

そのあといくつかの社で拝みながら山頂を回って駐車場に。歩きの行程としては2時間くらいだったと思います。
足場の良くないところもあったけれど、疲れもあまり感じず気持ち清らかになりました。

行って良かった。

多分また行くと思います。

気持も新たに明日からまた仕事頑張るぞい!!