極早生みかん10月5日の状況。

2014.10.5

 

2014年10月5日(日)

本格的な極早生みかんの収穫を直前に控え、毎日園地を見回って状況を確認していますが、例年に比べて着色が遅れています。

8月の日照不足が影響しています。特に北東農園の場合は、夏場の水分ストレスを強くかけることで糖度を上げ、熟期を早める手法をとっているので、如実に影響が大きく出てきます。

9月中旬近くになってやっと天候が安定してきて、成熟へのスイッチが切り替わった感じです。
この時点で糖度、サイズ共に1ヶ月遅れの状態だったので、本年度のの出来は半ば諦めつつ、お客様や市場への説明をいつ始めようかと思いながら様子を見ていたのですが、

好天が続いたこともあり、糖度、サイズ共に、今までにないくらいの伸びを見せ始めてきました。
夏場に使わなかったシステムをフル稼働させている感じです。

この時期に入ってくると人の手でどうにかできることはなく、ただ見守るだけなのですが、もう少し様子を見てから食味の最終報告をさせていただきます。
過去最高だった昨年産までには至らないかもしれませんが、なんとか頑張ってもらいたいと思っています。

着色が遅れている分、収穫がずれ込むと思いますが、いずれにしてもいちばん良い状態での収穫を目指します。
もうしばらくお待ちいただけるとありがたいです。

・・・と言っている矢先に台風が・・・

Σ(゚д゚lll)

台風明けに最終判断です。

m( __ __ )m

Homeへ戻る