苗木が届きました。

2015年3月22日(日)


暖かくなってきて雨の日がが増えてくると雑草が急激に伸びてくるので、剪定と同時に除草の作業も加わってきます。

除草は「捻り鎌」という道具を使って1本づつ削り取っていきます。削り取った雑草は、種の付いているものは袋に入れて畑の外に持ち出して処分します。
増殖する心配のない小さなものはそのままにしておくのですが、春先の気温では萎れて枯れるまでに時間がかかり、その間に雨が降ったりするとまた根付いてしまうのですね。

さすが雑草魂!などと感心してる場合じゃなく、除草回数が増えてしまうのでなかなか厄介です。

そうこうしているうちにみかんの芽も膨らんできています。
この時は「かいよう病」の防除時期に当たります。「天気も良さそうだしベストタイミングでの防除作業が出来るなあ。」と思いながら準備を進めていると、

「苗木届きました-!」の連絡が・・・

みかんの苗木というものは、土から引き抜かれた状態で段ボール箱で送られてくるので、根が乾いてしまう前に植え付けをする必要があります。

草なんかよりずっとしっかりした枝葉や根っこを持っていますが、雑草魂は持ち合わせていません。大急ぎで植え付けの準備です。

防除作業は2日ほど後回しになりました。その後「不知火」の収穫に取り掛かります。

忙しなってきた- (>_<)