ネットでみかんを売る。

2015.9.8

2015年9月8日(火)


2日ほどの中休みを経て、また雨音が聞こえています。
まとわりつく雨と進まない作業のおかげで、上がらない糖度とテンションにウンザリしながらの毎日でございます。

泣いても笑ってもあと1ヵ月すれば怒涛のみかんシーズンに入っていくわけで、それまでは日々の準備を粛々とこなしていかないとね。

雨が強い日は半日だけ畑で作業して、あとは事務仕事やみかん箱に入れるリーフレットの文言を考えたり、サイトからの注文がもっと増えるようにPCモニターに向かって念を送ったりしています。
(上手なやり方が分かんないからですけど。)

たかがみかん。

このサイトでの販売に関しては、開かれたwebの世界とはいえ、見向きもされないどころか目に留まることもないような隅っこの方の風呂敷を広げた程度の小さな店舗展開となっていて、それに見合った注文数となっています。

就農した当初はやはり「農家もITの流れに乗り遅れてはいけないのだ!これからはネットでの販売が主流になったいくのだあ!!」

「みかんの入っているネットが赤色なのはみかんの色を赤く見せるためなのだあ!」

「意味が違うのだあ!!」

という意気込みであれやこれやと探し回ったり、大手ショッピングモールへの出店も検討してはみたりしましたのですね。
ただ某大手ショッピング市場では「みかん」と検索すれば軽く10,000件オーバーのヒット数(笑)のなか、

「今ならなんと1箱999円!しかも送料無料!!」

「しかも超おいしい!!!」

なんてところに対抗できる気がしません。「美味しい」と書いていないところが1件も無い(当たり前か)ことに恐れをなしたうえに、やたらチカチカした一見情報量が多い割には同じ事ばかり書いていること、しかもどこも同じようなページ構成があからさまに「北東農園」のコンセプトとズレがあるため、今のところ出店計画はありません。
(「今のところ」という含みにつきましてはどうか今のところは気にしないでください。)

うまいもんドットコム

そんななか、ネット上の販売では当「hokuto-nouen.com」以外で唯一「うまいもんドットコム」というサイトにかれこれ数年お世話になっています。

この「うまいもんドットコム」は貸店舗形態のショッピングモールとは違い、いわゆるネット上での小売り店舗という形態のサイトとなっています。
肉、野菜、魚など「食」に係わるものを独自のフィルターを通して紹介しています。
実際の店舗ではなかなか見ることのできないような、めずらしいものやウマいもんが中心の品揃えから、「食」に対する並々ならぬ情熱を感じることが出来ます。

そんな販売サイトに興を覚えて連絡を取ってみたのですが、たかが「みかん」のまさかの「三重産」でしかも「極早生種」ということで

「最初は断ろうと思ったんですよお~♪(笑)。」(後日談)

その気配を瞬時に感じ取った私は

「兎に角!とにかく一度試食してみてくださいっ!!」

と言って送り付けたのが功を奏し、ありがたいことに目利きフィルターを通過することができたようで、取引開始とあいなった次第でございます。

北東農園からは今のところ「極早生みかん」のほか、「サガマンダリン」、「不知火」、「ブラッドオレンジ」の4品種を出品させて頂いています。
同社は東京築地市場と連携したサイトなども運営していて、各産地の状況や新品種など、田舎の畑に居ては知ることのできない情報を得ることが出来るので大変助かっています。

そしてなにより農業生産者(特に私ね)が今一番必要でいて足りていない、販売やお客さへの対応などのノウハウやスキルを学ぶことのできる重要な場所となっています。(つまりなにかとお手数やらご迷惑をお掛けしているのでございます m(__)m)

10月に入ればまた「極早生みかん」でお世話になりますのでよろしくお願いします。