剪定が・・・。

2019-05-14


短かった花の時期を過ぎて畑は徐々に緑色が濃くなってきました。無事に防除も終えたところで剪定作業に戻ります。

2月に始めた剪定作業、例年だとほぼ終わっている頃なのですが、現時点で全体の6割ほどしか進んでいないという結構由々しき事態になっております。
このままいくとすべて終了するのが7月になりそうだし、次の作業も詰まってくるので花の少ない中晩柑などは剪定を諦める必要も出てきました。 まあ、しなくても枝が込み合ってジャマになるという程度のことなんだけどね。

他のいろんな作業と並行して行っているとはいえ、たいして広い畑でもないのにやたらと時間がかっているのは、ひとえに自分の作業スピードが遅いということに尽きるのだけれど、

こうやって
こうやって
こんなんにしてから
こんなことしてるからです。

特に極早生みかんは昨年の天候に加え、負荷を掛け過ぎたせいで多くの樹や枝をを枯らしてしまったのですね。おかげで枯れ枝処理と整枝で余計に時間がかかってしまっているという。

全体的に考えると既存の樹を整え直すよりは植え替えたほうが絶対に楽だというのは分かっているのだけれど、改植の手間や未収期間のことを考えるとこのままいくしか無いのだなあ。

なんとか生き延びた樹は新しい芽もたくさん出ていて、剪定をして余計な枝がなくなったところは俄然精気を取り戻してきました。
この区画は今年はしっかりと休ませます。一年かけて 新しいサプリメントなども試しながら コンディションを整えて来年ガッツリ働いてもらいます。