テントウムシとアブラムシ。

2019-04-29


ゴールデンウィークに入ると御浜町はみかんの花の甘い香りに包まれます。時間はあるけど行き場のないあなた、香りを嗅ぎに御浜においでください w。

開花とともに新芽もグイグイ伸びる中、今年はテントウムシがやたらと目につきます。写真に写るはお馴染みナナホシテントウで、一本の木に数匹以上見かけるのはちょっと珍しい。

新芽に付くアブラムシを食べに集まってきているのだろうと思うのだけれど、テントウムシが多いということはアブラムシも多発するということなのか。
アブラムシは新芽をダメにしてしまうので、できれば一匹残らず食べていってもらいたいと願うのでありますね。

葉から葉へちょこまかと渡っていく姿は愛嬌があって可愛らしい。 しかしどうも目が悪いのかなんなのか、アブラムシが密集している所になかなかたどり着かない。

アブラムシがいなくなると防除しなくて済むから、ぜひとも頑張って働いて頂きたいと思うわけです。応援に力が入るのです。

でも「そこそこ!ホレホレッ!!」って指差して教えてやってんのに反対側に行ったり目前でUターンしたり。働いているフリして働いていないヤツいますよね。そんな感じ。
見かねて指先に乗せて目の前に差し出したらどっか飛んでいくしで、まったくもって面倒みきれないのである。

まあ、面倒見る必要はないのだけどね。

テントウムシとアブラムシ

そんなことしてないでお前が働け!!って話ですけど。。