昨年植えた苗木がこんなことに。

2019-01-24


昨年改植した「はるみ」です。

写真だと貧弱な枝が土と同化しちゃっててよく見えませんが、実際見ても同じような感じです。


・・・草?  みたいな。


夏場までは順調に育っていたんだけどねぇ。台風とか秋の収穫とかで目を離していた間に葉っぱが殆ど落ちてしまいました。


昨年植えた時はこんな感じ ↓


水が足りなかったのか追肥が足りなかったのか。

多分両方。

かいよう病も出てるし。

でも、一番の原因はたぶんこれ ↓


植穴の底に敷いた防根シート。

なんでこんなものを入れたかというと、樹が大きくなってきた時、真っ直ぐ下に伸びた太い根が食味を下げる恐れがあるので、このシートで防ごうと思ったんだけどねえ。

この方法、他の品種だと初期生育が悪いなりになんとか大きくなってくれていて、食味の安定に貢献してるようなんだけどねえ。

品種選ばないといけなかったねえ。

シートだけ引っ張り出す方法もないので(頭の中ではテーブルクロス引きのイメージが無駄にループしているけど)、生育を促進させる方法を勉強しつつあと一年丁寧に手入れをしてみて、ダメならまた植え替えだなあ。