久しぶりのまとまった雨。

2014-08-02 -1

2014年8月3日


久しぶりにまとまった雨が降りました。
しおれていた葉や実や樹、畑全体がたっぷりと水気を含んで、生命力に満ち溢れているようにみえます。

マルチシートを敷いて水分ストレスをかけていた極早生みかんも一休みです。糖度の上昇については足踏みもしくは一歩後退ですが、こればっかりはどうしようもないし、雨が降らないことなど想定していないので慌てることもないのです。

昨年と比べて樹の弱り具合が激しく、少し心配していたので自分も一息つけます。しばらく潅水は中止して、樹勢の落ちている樹から摘果を進めていきます。

この雨により特効薬を飲んで突然元気になったような振る舞いを見せておりますが、マルチシートの下は乾いているので、天気が回復して気温が上がれば途端に元の

「ボクはもうだめだぁ~。」

って言い出してくる前に、容赦なく摘果で数を減らして、少しでも負担を軽くしておきます。

直射日光がなく雨に冷やされながらの作業のため、さほど汗をカキカキでもないのですが、ちゃんと水分補給をしながら作業をしています。

汗はかかないのですが、その代わり手を上げていると袖口から雨が流れ込んできて超不快です。
おまけに春に買ったレインハットが雨を含んでツバが垂れ下がってきます。

前が見えません。

しかも蒸れて頭が暑いです。
汗びっしょりです。
これではビニール袋を被っているのとおんなじです。

頭髪に影響が出ないか心配です ( ̄_ ̄|||)