極早生みかんが終了しました。

   

2014年11月15日(土)

3日前、12日のことですが、やっとこさ「極早生みかん」の収穫が終わりました。9月下旬の「日南の姫」から数えて約1ヵ月半もの間、ひたすら収穫と出荷に追われていました。

ひとまず大きな山を乗り切れたことで、ほっと一息でございます。

お買い上げいただいた方、ありがとうございました。

気に入っていただけていれば幸いです。

この「極早生みかん」、北東農園の主力品種で、全園地の60%を占めます。といっても60aほどなのですけどね。
しかも隔年結実なので正味30aくらいです。

お年寄りの生産者がひとりでかるーく管理できる広さに、労力やら能力やら住宅ローンの残高やらを無理やりねじ込んで作っているものですから、エネルギーのほとんどをこの30aで使ってしまいます。

たった1ヵ月半に生活がかかっているなんて、なんだか「海の家」みたいです。

しかも天気に振り回されるとこなんかそっくりです。こっちは開店準備に11ヶ月かかりますけど。

80才を超えている親父の手が借りられなくなった時のことを思うと、早く栽培法を確立することと、もっと効率化を進めていかなければいけないなあ。

とりあえずはマルチシートを片付けて、水遣りそして肥料をあげて、疲れ切った樹の手入れをしてあげないと。

ブログの更新も滞っていたので、これからまた頑張って書いてまいります。
よろしければお付き合いください。