苗木定植をするための下準備。

2016-03-18

2016年3月19日(土)


お彼岸に入り、朝夕の冷たさも寒さの名残りと感じるようになってきました。
みかんの新芽も膨らみ始めています。

冬眠状態だった樹が活動を始めようとしているちょうどこの頃が、新しい苗を植えるタイミングです。

2月中旬に古い樹を伐採して整地しておいた8m×20mの場所に80本分の(2016年度の改植準備にて)植え穴を作る作業です。

10aあたり500本の密植栽培ということで列間2m株間が1mしかなく、スコップを使っての手掘りです。

生産時にマルチシートを張る時の事を考えて、畝の傾斜角や穴の位置はできるだけ正確に決めて、穴の深さもだいたい70cmくらいに揃えます。

時々出てくる大きな石が厄介ですが、集中して一気にやってしまうのがコツです。なぜコツなのかというと、作業の手を止めると気持ちが萎えてしまって、そこから進まなくなるからです。

一日で終えることが出来ると安堵と開放感に包まれ、ビールの味が格段に上がります。背筋と上腕筋および前腕筋がバキバキ言ってます。

今、ボブサップくらいになら勝てる気がします。

大ウソです。

しかも「くらいに」ってなんだよ。