木陰で一休み。

2019-08-08


8月に入ってすでに一週間が経ちました。
もうすぐお盆だという噂もちらほら流れてまいりますが、梅雨明けが遅かったせいで夏が始まったばかりという感覚が抜けないままです。

急な暑さによる疲労をビールで回復させようとして夏バテまっしぐら路線を順調に歩んでおります。

みかんも同じく、長雨で水分はたくさん吸っている代わりに日照が不足していたせいでしょうか、数日の晴天で急激に痛みだしたかと思えば少しの雨で急速に回復したりと、状態がなかなか安定してくれません。
このままだと人間同様夏バテしそうな気配十分なのだけど、取れる対策があるわけでもなさそうなので、しばらくはじっと注視していくのみです。

休息と給水をこまめに摂り、身体に熱を溜め込まないように気をつけながら作業していきます。作業自体はなかなか捗らないのだけれど仕方がない。

木陰のない野菜の人たちはさぞ大変だろうなと、みかんの樹の下で休みながら思う。緩やかながらも風が抜けると汗が引いていくのがわかります。

鳩と目が合う

巣の上にうずくまる親鳩と目が合いました。このクソ暑い中、卵を暖める必要はあるのでしょうか。