収穫が終わってまず。

DSC_0009 (2)

2013年11月26日


極早生が終了して次の早生みかんに取り掛かる前に、このマルチ(白い不撚布シート)を開いて肥料を施用します。

まずは掃除。水を流してデッキブラシで汚れを落とします。葉っぱやみかんがくっついていたりすると腐食して破れやすくなりますからていねいに。
水が入らないようにするシートなのですが、長年使っていると効果が薄れてきます。
破れたところを補修しながら上手に使ってもだいたい4~5回くらいで新しいものに取り替える必要があります。

それまでは次回速やかに張れるようにパイプに巻きつけて株元に置いておきます。

2013.12.1田口

収穫までこのような状態で雨水が地面に入り込まないようにしています。
株元には尺が足りない分、黒色のビニールシートを取り付けています。

DSC_0012 (2)

そのときに使う道具がこれ。

ボルトとボルトをパイプに固定するかしめ器。そして巻くときに使うレンチ。

DSC_0014 (2)まずはマルチの端に取り付けてあるパイプにボルトを差し込んで。

DSC_0015 (2)かしめます。

        

DSC_0016 (3)

そしてレンチでくるくる。

DSC_0017 (2)

くるくるくる。

11.22極早生収穫終わり

そして株元の黒いビニールでくるんで風でめくれないように縛っておきます。

10aで25枚、全部で40aくらい収穫した順に片付けていきます。