農薬の使用について

農薬の使用について

About the use of pesticide

北東農園では農薬を使用しています。<

自然界には数多くの虫たちや細菌が存在していて、その中には商品価値を損なうものや、

樹自体への加害によって生産量が減ったり枯死させてしまうものもあります。

みかんは1本の樹から数十年にもわたって収穫を続ける永年作物です。

樹の健康を保ち経営維持をしていくためにも農薬散布はどうしても必要なことですが、

散布回数や使用量の削減に取り組んでいくのも大事なことだと考えます。

立地環境と耕的防除

北東農園のみかん畑は南東向きの丘陵地にあり、日当たりと風通しがとても良い場所にあります。
熊野地方は日本でも有数の雨の多い地域ですが、水はけの良い土壌なので雨が止むとすぐに乾きます。

小さな樹に仕立てることで樹体内にも光が届き、雨や夜露が乾き易くなります。
これは湿度を好む菌の繁殖を防ぐ効果もあり、農薬の散布量を減らすことにもつながります。

土の上で直接生産物を作る農家は、一年中雑草と対峙しています。
養分をを雑草に横取りされないように。
春先、日光が直接土を温めて芽吹きを早くする。
害虫の繁殖を抑えるために。

そのようなことから北東農園では一部を除き、雑草が小さなうちに抜き取っています。
「草を見ずに草を取り」という戦前まで普通に行われていたこの手法は、手間が掛かるという理由で除草剤や刈払機に取って代わられましたが、雑草に対する最も有効な手段だと思っています。

雑草対策

品質や安全への考え方

化学肥料や農薬を使用してもなお、自然の循環システムなしには農業は成り立ちません。
自然に生きる虫たちを無駄に殺生しないことが、美味しいみかん作りに繋がります。
農薬の使用法を厳守したうえで、効果的かつ効率的なな削減方法を模索し続けます。

とにかく味にこだわり、見た目はそこそこで。が基本スタンスです。
安心や安全とは付加価値ではなく、当然でなければならないと思っています。

本年度作における現時点での防除履歴を公開しています。


2018年度防除履歴