明日は明日の風が吹く的な。

2016.4.2

2016年4月2日(土)


ひと雨ごとに春が膨らんでいるようです。
桜の蕾も、みかんの新芽も、仲間を呼ぶ鳥達の鳴く声も、日に日に大きくなっています。
雨に濡れながら萎れているのは自分だけです。

寒いし風も出てきたので仕事は午前中で切り上げて、昼間からお酒を頂き春眠をむさぼり食らうのも、ひとつこの季節の楽しみでもあるかな。

畑に出ない時間が増えるほど作業に追い抜かれ

追いつけないほど離されて

やるべき仕事がどんどん溜まっていって

そうなるとどこかでなにかを諦める必要があるのだろうなあ

それをどれにしようかなあ

とか考えながら

布団はいいなあ

とか考えながら

たくさん寝れば明日はいつもの2倍働けるような気がするなあ

気のせいかなあ